うつ病の知識を身につけて接し方や対策に役立てよう

男の人
  1. ホーム
  2. 精神疾患の原因とは

精神疾患の原因とは

カウンセリング

精神疾患の代表とも言えるうつ病の原因は、急激な環境の変化やうつ病以外の病気、ストレスなどが挙げられています。これらの原因以外にもいくつか要因はあるのですが、基本的にはこのような事が原因となっています。急激な環境の変化とはリストラなどで職を失う他にも、身近な人の死去というような変化になります。引っ越しや転勤といった環境の変化も人によっては該当するでしょう。人間には環境適応能力というものが元々備わっていますが、この能力は環境の変化にも柔軟に対応出来るように人間の祖先から引き継がれてきた能力となります。しかし、この能力も個々によって差があるので同じ環境下でも感じる負荷にばらつきがあるのです。うつ病になりにくい方の特徴としては、この環境適応能力の高さといっても言いでしょう。

ストレスはうつ病の原因ということは多くの人が知っているでしょう。しかしストレスにも種類があるということを知っている方は少ないです。ストレスの種類には大小数々のものがありますが、うつ病に関係しているストレスは4つになります。精神的に不快感を覚える「精神的ストレス」、背骨の歪み、骨盤のズレなどの体の異常から感じる「構造的ストレス」、栄養面や服用している薬剤などの影響を受ける「科学的ストレス」、気圧や温度の「環境的ストレス」になっています。この4つのストレスが精神疾患を引き起こしてしまう大きなストレスとされていますが、どのストレスも普段の日常生活から感じることが多いです。ストレスは溜めすぎることによって、負担を掛けてしまうので自分に合ったストレスの発散方法などを見つけておくのもいいでしょう。

精神的ストレスは適度であれば神経の刺激になるのでいいものとされています。また、ある程度ストレスの抵抗をつけるためにも必要と言ってもいいでしょう。しかし、抵抗をつけすぎてしまうと限界に来た時の反動が大きくなるので気をつける必要があります。仕事を真面目にこなし、休日も仕事に取り組む方はこの精神的ストレスを感受しやすいとされております。適度な休暇を取ることによってストレスを開放するようにしておけば、うつ病などの精神疾患を未然に防ぐことが出来るようになるでしょう。

心療内科ではストレスを開放する提案を個人に合わせて行なっています。カウンセリングを行なうことでその人のストレスを分析し、何を行なえば解消出来るかを提案してくれます。また、ストレスの原因を突き止め、排除することでうつ病の悪化や再発を防ぐ取り組みも行なっているのです。投薬などで病気を治療するだけではなく、病気を取り巻く環境から改善していくのが心療内科の務めになります。心療内科に通うのが億劫と感じている方は、直接病院に行くのではなく、病院のホームページからメールによる問い合わせを行なってみてもいいでしょう。メールからの問い合わせであれば、気兼ねなく相談することが出来るのでオススメします。相談内容を誰かに聞かれることもないですし、問い合わせの内容に返信をしてくれるのも心療内科のドクターになるのでしっかりとした答えが返ってきます。